タグ: 誠之館高校

誠之館高校

まなびブログ

福山誠之館高校の塾対象入試説明会に行ってきました。

少し前に塾対象の誠之館高校の入試説明会に行ってきました。

 

新しい高校入試がいまの中学2年生から始まりますし、気になっていました。

 

始めは自校作成問題の説明から。

 

数学は知識を正しく知っていて、正確に出来るってことと、

 

考える力や実行力が大切ということです。

 

問題を見ると昔の選抜Ⅱと出題形式が似てるんですよね。

 

もちろんレベルは高いよね。

 

合否が分かれるところが70%だから、ちゃんと最後まで完答する時間配分も必要ですね。

 

英語は小問1→2→3になるにつれて正解率が落ちてきます。

 

小問1は70%、小問2は65%、小問3で50%の平均60%

 

小問1は選択問題で、小問2が内容理解して答える問題。

 

小問3は、1語補って並べ替え。

 

語彙力、文法事項を1通りおさえている、正しく活用できて、表現できるってところまでみています。

 

 

教頭先生がおっしゃっていて、驚いたのが、

 

内申点が80点の生徒もこれまでに合格してますという話。

 

「3年生の2学期の時点で内申が低いけど、勉強頑張ってるという子が誠之館諦めなきゃいけないって、

 

そんなことはないんです。ぜひ頑張って私たち誠之館に入ってください。」

 

とおっしゃっていましたが、

 

データで見ると、実際の合否ラインよりかなり下です。

 

これは学力検査点を重視した選抜(定員の20%)学力検査点:調査書=9:1の選抜で合格できた生徒のことですね。

 

かなり5教科の教科の方の得点が高かったことが想像できます。

 

最後の追い込みですごく頑張ったということなんですね。

 

簡単には勧められないけれど、本人やご家庭の強い思いがあれば、

 

頑張っていくと、可能性が開けるんだなぁと思います。

 

凄いですよね。

 

ていうことは、中2とかから頑張り始めた人が、「誠之館は絶対無理ぃー」なんて言えないはず。

 

あと来年度の新しい入試の自己表現の部分は、誠之館では大きく扱わないとのこと。

 

これも教頭先生から。

 

これから新しく色々決まっていくでしょうから。

 

気を付けておこうと思います。

 

今日はこの辺で。

 

 

✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫

塾まなび

明王台校第1教室 広島県福山市明王台5丁目17-21

明王台校第2教室 広島県福山市明王台3丁目2-28

水呑校三新田教室 広島県福山市水呑校4659-2 エーミック33 3号

代表 084-952-5845

info@juku-manabi.com

✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫

まなびブログ

夏休みで志望校への土台ができたぞ。(中学生版)

夏休み講習が終わり一安心しています。

 

塾まなびは個別指導塾です。

 

みんなの進度は違っていても、ちゃんと一人ひとりに合わせた授業ができる。

 

みんなの進行表を眺めて、進み具合を確認すると、 ちょっと嬉しさが出てきます。

 

なぜだろう?

 

なんかちょっとずつみんなの勉強貯金ができてきてる感じがうれしいんですね。

 

中3生はもちろんですが、早めの準備っていうのはやっぱりとっても大事。

 

本当に行きたい高校に自分を引き上げてくれるよね。

 

例えば誠之館高校なら、

 

偏差値で言うと、55はボーダーラインです。

 

60以上とれるようにしようね。

 

塾まなびで行っている高校進学模試は全国模試ですが、母集団は福山市や

 

尾道、三原の尾三地区や府中とかが母集団になっているから、

 

リアルに近くに住んでいる中学生と比較して、いまの自分の位置が分かります。

 

他塾さんにはない、詳細な合否ラインが分かるところが強みです。

 

広島県の認可を受けた塾コープの正会員塾ですから、あとどのくらい

 

内申点や偏差値を上げればいいのかわかります

 

普段、学校の勉強を塾で先取りでやってて、

 

定期テストはいい点とれてるよっていう人も、

 

入試に出てくるような複合問題や応用問題を解く力っていうのは、

 

また別だから早めの準備が大きな差になってきます。

 

学力がしっかり高まってくると、勉強もはかどるから、当然、内申も良くなってくるよね。

 

提出物とかも早くできるようになるし、もっとたくさんできるようになる。

 

自主ノートとかね、いい評価をもらえるようになるしね。

 

だから、勉強できるようになってくると、これはもう、いいことばっかりなんだよね。

 

中学1年、2年生のうちは、いますぐに誠之館高校に合格できる力がまだないよっていう事だけで、

 

行きたいって思った高校を変える必要はないんですよね。

 

模試って悪い点数取ったらお母さんに怒られるとかじゃなくて、

 

模試は自分の苦手なことや単元をみつけて新しい目標をみつけることだから。

 

いまはできないことをどうやったらできるようになるかっていう、前向きな考えが大切。

 

でも大事なことは時間がないと難しい。

 

だから 1年生、2年生のうちから少しずつ積み重ねていくと、大きく未来が開けていくよ。

 

がんばることはぜんぜん恥ずかしいことじゃなくて、自分の未来を大切にしてるってことだからね(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノ

 

 

✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫

塾まなび

明王台校第1教室 広島県福山市明王台5丁目17-21

明王台校第2教室 広島県福山市明王台3丁目2-28

水呑校三新田教室 広島県福山市水呑校4659-2 エーミック33 3号

代表 084-952-5845

info@juku-manabi.com

✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫

電話をかける
電話 メール
MENU