センター試験【数学】について

2021年1月の共通テスト「大学入試共通テスト」ではなく、まず初めに、今年度の高3生が受験する共通1次より40年続いた大学入試センター試験の数学についてまとめてみました。センター試験は2次試験の「解答」とは違い、式や図を説明した補足的な言葉は書きません。センター試験は空欄に適する数や式を入れるために、解答時間をいかに短縮できるかが勝敗の分かれ目になります。但し、問題には明確な意図があり、それを読み取る力が数学を学習する目的である問題解決能力で、それを評価するのがセンター試験です。この問題解決能力はセンター試験において、問題文を読み取り分析する力である読解や分析力、解答に向かって目標を設定する目標設定力、内容を自分の言葉に置き換える翻訳力、最後に解答を作成する遂行力これらの実力を図ります。来る「大学入試共通テスト」はこの問題解決能力をより実践的なまたは思考力を必要とする問題によって評価するようになります。とても楽しみにしていますが、同時に責任も感じます。過去の作問委員の先生の著書を改めて読み返して、大学受験生たちの努力をくみ取る優しい思いに、私も「頑張りなさいよ」と励まされたように感じました。

_20190419_000010

みんなが帰った後の平日の夜更けの静かな教室で勉強していると色々なことを考えますね。明日も早いからもう寝よう(:3_ヽ)_

✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫

塾まなび
第1教室 広島県福山市明王台5丁目17-21
第2教室 広島県福山市明王台3丁目2-28
代表 084-952-5845
✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫

 

 

2019年4月19日


▲このページの先頭へ