タグ: クレセントビーチ

クレセントビーチ

まなびブログ

小さなヒーローと海の怖さとアウトロー。

オフの日の話ですが、よかったら是非。

 

早めの盆休みをいただいています。塾は10日水曜日までお休みです。

 

お休み中も仕事しているんですが、昼の間は趣味のロードバイクを久しぶりに乗ろうと、ほこりを払って油だけさしたら、田島のクレセントビーチまでドライブです。

 

乗っていかないのか!とロード乗りに突っ込まれそうですが、いいんです。夜は体力を残して仕事をするつもりなのだ。

 

 

でもこの昼の間は自由でいたい。この3時間、ココロはアウトロー気取りです。

 

田島から睦橋を渡って横島へ。横山海岸、シーパーク大浜を通ってまた睦橋に。田島の南側からクレセントビーチに戻ろうと思います。

 

 

この南側1度だけ、走ったことがあるんですよね。でももう6,7年とか前なのでいまいち道を覚えていない。まっすぐ行けばいいはず。

 

でもなんか違う。。この先行き止まりの看板出てきたし、石がゴロゴロあるぜ。

 

うーん、間違えたか。

 

自転車を止めると、女の人たちの大きな声が聞こえてくる。楽しくやってんのかな。海岸でBBQとかね。

 

引き返して山側の坂を登らないと。。

 

でも意識して耳をすませば、歓声じゃなくで、お母さんの絶叫に近いです。大きな声で止めなさいと言っているようです。

 

海の方に目をやると、堤防の間、テトラポットの先の海から浮き輪が3つ等間隔で流れていきます。

 

西日で反射してよく見えない。 浮き輪が流されて子供が海岸沿いを追いかけているのか。

 

流れが少し速くて、沖に向かっているから、近くまで行っても、もう無理だろう。。と思って見ていたら、真ん中の浮き輪がバタ足するのが見えました。

 

状況はこう。小学校3年生ぐらいの男の子が3人。1人は海岸にいて安全。

 

離岸流で流された先頭の浮き輪を追いかける小学校3年生ぐらいの男の子が2人。

 

2人とも浮き輪をしてバタ足で追いかけています。

 

後ろの男の子は、真ん中の男の子のうしろを浮き輪をしながらついていきます。この子はすぐに海岸に戻れる位置にいて大丈夫そう。

 

危険なのは懸命に追いかけている真ん中の浮き輪の男の子。

 

静止するお母さんたちの声が聞こえていないのか、前の浮き輪を取ろうと泳いでいます。

 

海岸を歩く男の子の浮き輪でしょう。浮き輪を流された男の子は、泳いで浮き輪を取りに、沖へと向かう男の子に戻ってくるよう「危ないから帰ってきてくれっ!」と叫んでいます。

 

この状況、まだ大丈夫ですが、あと5分後は危ないかもしれません。

 

以前トライアスロンに出たときに一人、海で練習していて思ったより沖に流されたことがあります。

 

振り返えって岸を見て、帰れないかもしれないとゾッとしたことがある。

 

沖から離れると、体力がなければ命の危険は十分に考えられます。

 

ましてやこの小さな男の子のバタ足だと、浮き輪までは届くでしょうが、沖に出て離岸流から脱出できるでしょうか。

 

まだ10歳にならないぐらいの男の子です!1mほどの深さでも溺れる可能性はある。

 

お母さん達からの距離は100mほどもあります。

 

流されていく浮き輪と男の子のペースからは深刻な状況になる可能性があると判断しました。

 

この場をコントロールできるのはオレしかいない。そう決めて海へ。

 

さっきも泳いでいましたから、この距離は問題ありません。

 

冷静に行動して、安全に3人がお母さんたちのもとへ帰れるように誘導しなくてはいけない。

 

友達?いとこ?の浮き輪を必死に追いかける男の子は小さなヒーロー。

 

年はみんな同じぐらいに見えますが、しっかりした顔をしています。

 

正義感からでしょうが、このヒーローが無茶をしないように場を制するには。。。

 

アウトロー登場。

 

↓の海ですが、写真を撮ったときは凪いでいます。

 

アウトローはどこからともなく、現れて助けてくれる、そんな存在。荒野のガンマン。だから「大丈夫?とってあげようか?」ではない。

 

だって甘い言葉ではこのヒーローはムキになって、自分で解決しようとするかもしれないから。

 

だからこそあくまでもアウトローはこう言った。「とっちゃろうか。」標準語に直すと「俺が取ってやってもいいぜ。」ぐらいです。

 

早く終わらせて安心させてあげよう。

 

少し泳いでいって浮き輪を取ったら、さっと振り返って急いで立って。。

 

痛っ、鋭い岩場で足の裏を切ったようです。

 

たいしたことなかったらいいなと思いながら、浮き輪を流した男の子に渡してあげると、満面の笑みです。

 

「よかったね。」と声をかけるとグシュとした顔になりました。よかった。

 

次は小さなヒーローにがんばったねと声を掛けようかと思いましたが、ヒーローは鋭い目で、浮き輪を取ってもらって喜んでいる男の子を睨んでいます。

 

ヒーローは「ありがとう!」と言ってもらいたかったかもしれません。

 

お母さんの強い制止を振り切って浮き輪を取ろうとした男の子。

 

お母さんたちに怒られるかもしれないのにね。

 

ただお母さんたちはワンピースに日傘、サングラスととても泳げる格好ではありません。もっと小さな子たちも近くにいます。何事もなくてよかった。

 

アウトローはただ去るのみ。

 

ペットボトルの水で足を洗っていたら、近くの家から、鎌ををもった股引姿のおじいさんがやってきました。

 

何事かと家から出てきたんでしょう。

 

私の近くまで来て堤防で鎌を研いでいます。

 

足の裏から流れる血をぬぐっている私を見て、悪者ではないことが分かったみたいです。

 

ココロはアウトローですが。。

 

「浮き輪が流されて男の子が取りに行ったんですよ。」とよく分からない説明をすると、おじいさんが一言。「海水浴場ならええけどな。」

 

よかった。わかってくれたみたいです。

 

でも今日の私は最後までアウトロー。すぐにお愛想なんかしません。

 

少し間をおいて、背を向けようとするおじいさんに一言。「そうっすね。」

 

最大限の敬意を払いながらアウトローを貫いたともき先生でした。

 

おじいさんの少し微笑んだように見えた顔がご褒美でしょうか。

 

 

その後、クレセントビーチでちょっと泳いで、5,6年ぶりに海の家へ。

 

おじいさんとお母さん、息子さんたちで夏の間、お店をされていました。

 

普段は海苔をつくってらっしゃるとのこと。

 

元気にされていてよかった。

 

息子さんたちが結婚した話、孫の話、コロナで大変だった話をして、帰ってきました。

 

 

くれぐれも海は気を付けて!

 

 

✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫

塾まなび(福山市にある個別指導塾)

確かな実力を身につける個別指導なら塾まなび

塾まなび本部 福山市明王台5丁目17-21

明王台校   福山市明王台3丁目2-28

水呑校    福山市水呑校4659-2 エーミック33 3号

代表 084-952-5845

info@juku-manabi.com

✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫

 

電話をかける
電話 メールでお問合せ
MENU