タグ: 高校生

高校生

まなびブログ

国公立2次試験まであと少し!個別指導塾の講師は近くにいる親戚ぐらいの感覚かも。...

慶応、早稲田の入試が東京の本学でありました。

 

前乗りして前日から東京にいる高校生には、しばらく会えなくなりますが、

 

入試が終わってほっとしてるでしょう。

 

福山に帰ってきても、自宅待機でしばらく頑張るので

 

国立大学の2次試験にそのまま行く感じですね。

 

 

今年の受験生たちも、小学校の中学受験を塾まなびで、

 

いっしょに乗り越えて、がんばってきたみんなです。

 

個別指導の塾ということもあって、普段からコミュニケーションをとっていて、

 

本人たちのことをよく分かっているからこそ、気持ちも入ります。

 

ちょっとした近くの親戚ぐらいの気持ちでしょうか。

 

お兄さん的なポジションはおこがましいでしょうし、おじさんは嫌だし。。

 

とまあ絶対合格してほしい気持ちなわけです。

 

中学生になってから塾まなびに通い始めた人も6年ぐらいの付き合いですから、

 

正直な気持ちは勉強できるようになったねという、うれしい気持ち。

 

本人たちにはまだ言ってないですが。。。

 

入試が終わってからでいいでしょうしね。

 

小学生、中学生の頃を思うと懐かしいなぁと思います。

 

感傷に浸っている場合じゃないですが、

 

関関同立の合格発表は頂いているので、

 

しっかり通過点にさせてもらって、国立2次に向けて頑張っていこう。

 

 

✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫

塾まなび

明王台校第1教室 広島県福山市明王台5丁目17-21

明王台校第2教室 広島県福山市明王台3丁目2-28

水呑校三新田教室 広島県福山市水呑校4659-2 エーミック33 3号

代表 084-952-5845

info@juku-manabi.com

✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫

 

まなびブログ

福山市にある個別指導塾 大学入試で大逆転するための勉強法...

大学入試で大逆転するための勉強法

 

前回に続けて大学入試の大逆転で合格!についてです。

 

大逆転ですから、例えば志望校判定でDやE判定だった生徒が

 

最終的に合格するまでどんな共通点があるのか。

 

塾まなびを開塾して16年の個別指導塾の塾長として、

 

一人ひとりに向き合ってきた、これまでの経験から振り返って考えてみました。

 

 

やっぱりD 判定やE判定を取ってる人は、志望校が求めているレベルに対して

 

苦手な教科があったり、受験レベルで入試科目が仕上がってないんですよね。

 

だからまずは入試の基礎力をつけること!

 

やっぱりこれです。

 

スポーツでも、いきなり部活の練習せずに試合出してくれ‼

 

いっても出してくれるはずないし、試合で勝てませんよね。

 

大学入試っていう試合に勝つために、まずは入試レベルの基礎の定着がいる。

塾まなびではeトレーニングを使っています。

 

全部で100万題!もあるんですが、

 

その中から最適なカリキュラムで進めていきます。

 

基礎→標準→発展と多段階で学習計画を立てていく。

 

例えば化学のそれぞれの単元のカクニンテストをして、

 

できるところと苦手なところを仕分けします。

 

それから苦手なところ、まだ覚えていないところをできるようにしていきます。

 

データとして残しておくことで、

 

あとで繰り返し学習が効果的に行えるのでムリやムダがない。

 

努力の仕方って大事ですよね。

 

 

✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫

塾まなび

明王台校第1教室 広島県福山市明王台5丁目17-21

明王台校第2教室 広島県福山市明王台3丁目2-28

水呑校三新田教室 広島県福山市水呑校4659-2 エーミック33 3号

代表 084-952-5845

info@juku-manabi.com

✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫

 

まなびブログ

Sta-sh03 in福山(高校生大学生創業プレゼン)に行ってきたよ。

オフの日のことを書いています。

 

Sta-sh03福山(高校生大学生創業プレゼン)に行ってきたよ。

 

スタッシュは高校生大学生創業体験プログラム。

 

今年は四つのテーマで開催しています。

 

会場はシネマモードで。

テーマは教育・多文化コミュニケーション・アクティブレジャー・食ですから、

 

琴線に引っ掛かってたんですね。以前から興味がありました。

 

この四つのテーマで創業計画の発表がありました。

 

メンターやアドバイザーの経営者、創業家が

 

がっつりサポートされてます。

 

山陽管理の角田さんの情報発信力に感謝です。

映画館で高校生や大学生の

 

創業体験プログラムの発表ができるなんて、

 

福山ではこれまで、なかったんじゃないかなぁ。

 

みんなすごくいい発表でした。

 

2日間で創業計画を立てるってのが凄い。

 

高校生、大学生にとって経験が一番大切。

 

これからもいろんなことにチャレンジしていくんだろうね。

 

ハロウィンで福山駅前もにぎわっていましたが、現実的に近い創業経験を、

 

リアルな経営者のアドバイスを受けながらできる環境は一歩踏み出す感性の鋭さや、

 

こうなりたいって思いがないと、踏み出せない、貴重な体験なんだろうと思います。

 

応援している私も刺激を受けます。

 

大学生が就活で企業の良い面ばかりを聞かされても、

 

よくわからないと言っていました。

 

確かにそれじゃぁフラットな関係になれないよね。

 

こういうところは大変だよとか、そういったネガティブなことも教えてもらうと、

 

大学生と企業が近づけるんじゃないかなとのこと。

 

企業側に勇気のいることですよね。

 

 

教育のテーマで、

 

面白かったのは、高校生や大学生が、働くことに消極的な学生を変えていく。

 

教育界のトヨタになるんだって言う。

 

すごいエネルギーを感じた所です。

 

そうやって大学生が本当にいいマッチングができる企業を見つけて就職できる。

 

大学生と企業を繋げるっていうビジネスモデルを大学生が考えたってことがいいですよね。

 

メンターやアドバイザーの経営者、起業家の方々も、

 

自分たちの考えをアウトプットできる、

 

16から26歳の若い人たちの考え方っていうのに感心されてました。

 

学生のお互いの化学反応が、よりクリエイティブな

 

創業企画になっていったんでしょうね。

主催している福山社中として、自民党の小林文明さんが

 

中心になってずっと会場いらっしゃいました。

 

福山で同じようなことを行なっていきたいと言われていたから、

 

現実になっていくかもしれませんね。

 

夜の投開票が気になるだろうけど、情熱が凄い。

 

みんなからすごくエネルギーをもらって休日でした。

 

 

✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫

塾まなび

明王台校第1教室 広島県福山市明王台5丁目17-21

明王台校第2教室 広島県福山市明王台3丁目2-28

水呑校三新田教室 広島県福山市水呑校4659-2 エーミック33 3号

代表 084-952-5845

info@juku-manabi.com

✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫

 

まなびブログ

高校1年生,2年生から始める受験勉強ってメリットしかないよね。...

高校1年生や2年生にとって受験ってまだまだ遠い存在。

 

確かにそう感じる。

 

でも2年生で考えてみても、これから1年後の自分は

 

高3の9月で今とはずいぶん変わっているはずだよね。

 

すごいがんばってる自分って感じ。

 

だから今から少しずつ準備をして、

 

1年後の受験生になっている自分が後になってね、

 

もうちょっと勉強しとけばよかったって思わないようにしなきゃね。

 

行きたい大学をちゃんと目指していて、がんばれている。うん大丈夫ってなってないとね。

 

高2の9月から始めていれば、高3になってから始めた場合と比べて、

 

半年間のアドバンテージ“competitive advantage”(競争優位性)があるから

 

600~800時間ぐらいの違いが出てくる。

 

pioneering advantage ”(先発優位性)だね

 

すごく大きく差がついてくるよね。

 

誰かと比べてっていうんじゃなくて、同じ自分と比べて、

 

高3になってから受験勉強がんばるって思っている自分と、

 

いまから始めている自分を比べるんだよ。

 

受験勉強は結局ライバルがいるんだけれど、1番大事なことは自分との競争だから。

 

明日からがんばるじゃなくて、 いまから、ここから始める。

 

そうすれば、いっしょにスケジュールを立てて本当に行きたい大学に行けるように準備ができるよね。

 

 

✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫

塾まなび

明王台校第1教室 広島県福山市明王台5丁目17-21

明王台校第2教室 広島県福山市明王台3丁目2-28

水呑校三新田教室 広島県福山市水呑校4659-2 エーミック33 3号

代表 084-952-5845

info@juku-manabi.com

✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫

 

電話をかける
電話 メール
MENU